八幡神社 (旧村社)

コードNo.:1002


神社の写真
■鎮座地: 甲府市古府中町一五二九
■所属支部: 甲府支部
■御祭神: 誉田別神、媛神(宗像三女神)、息長帯姫神(誉田別神の母)
■例祭日: 十月十七日直後の日曜日
■宮司名: 山本晃
■境内地: 一六五坪
■氏子戸数: 四〇〇戸

■由緒沿革:
 古伝によると永正十六年武田信虎が躑躅ヶ崎に館を築造した時、城中守護神として勧請したが、文禄年間甲府城の築城と共に八幡山の南麓に移転をした。当時の峯本組の住民等が旧社地に同神を祀(示すはネ)って村の鎮護氏神とし、古八幡を敬称したと言ひ伝へられてゐる。明治四年村社に列せられた。

地図