宇波刀神社 (旧郷社)

コードNo.:1016


神社の写真
■鎮座地: 甲府市宮原町一二六五
■所属支部: 甲府支部
■御祭神: 応神天皇、仲哀天皇、神功皇后
■例祭日: 十月十七日
■宮司名: 石原 鎭
■境内地: 三三六坪八
■氏子戸数: 5000戸

■由緒沿革:
 創建年代は非常に古く、延喜式では甲斐国の式内社に列せられ、寛治年間に新羅三郎義光が再建、保元元年鎌田兵衛尉正清再建と、鎌田氏との関係を深め、鎌田庄十六七か村の惣社氏神とされてゐる。武田氏(信虎)全盛の頃源氏の氏神石清水八幡宮にあやかり、八幡宮と改称代々の徳川家将軍より朱印状を賜り、近世には宇波刀神社とも称してゐた。明治になり郷社に列せられた。

地図