八幡神社 (旧村社)

コードNo.:1018


神社の写真
■鎮座地: 甲府市西下条町六九四
■所属支部: 甲府支部
■御祭神: 仲哀天皇、応神天皇、神功皇后
■例祭日: 八月十五日
■宮司名: 上条昭宏
■境内地: 五〇〇坪
■氏子戸数: 一五〇戸

■由緒沿革:
 古杜記に桓武天皇の延暦十一年山城国より遷すと、一説には新羅三郎義光甲斐守となられし折に石清水より勧請と、後応永の頃(一三九四)河東の領主加藤入道梵玄霊現あらたかなるを喜び社殿鳥居等を建立すと云ふ。慶長八年以降の朱印状九通もあり昔は地方の大社で、社人神戸数拾戸ありしと。社地五千弐百弐拾坪、神領五石七斗六升(慶応社記)稲積庄の総社である。

地図