木宮神社 (旧村社)

コードNo.:2076


神社の写真
■鎮座地: 山梨市東後屋敷二九二
■所属支部: 東山梨支部
■御祭神: 瓊々杵尊、建御名方命
■例祭日: 十月十五日
■宮司名: 堀内すえの
■境内地: 三六二坪八六
■氏子戸数: 一二〇戸

■由緒沿革:
貞観五年十二月に勧請したものと伝へられる。元亀年中迄は同市八幡の大井俣神社より例年八月十五日当神社へ神幸あり。大祭にして今其の名を存し処々に御輿石又は注連木等の地名あり。往時は杵宮と称す。昭和三十四年の台風で境内の樹木は倒れたので梅の木を植ゑる。昭和四十一年に境内社の那賀都神社は壱間社流造り桧皮葺建物が山梨県指定有形文化財と認定される。三月十八日には盛大な春祭が行はれる。