金櫻神社 (旧村社)

コードNo.:2094


神社の写真
■鎮座地: 山梨市牧丘町杣口二九一九
■所属支部: 東山梨支部
■御祭神: 広国押武金日命、素盞嗚命、大国主命、少彦名命
■例祭日: 四月十一日
■宮司名: 髙原左門
■境内地: 二、一〇〇坪
■氏子戸数: 八五〇戸

■由緒沿革:
金櫻神社は金峰山の里宮にて古くは大社なりと云ふ。神社の創立は明らかではないが、社記によると、八五三(仁寿三)三月天台宗宗智証大師により大和国より勧請した鎮守社といふ。旧社地は高原といひ、金峰山東登山道の御料林内にあり、往古の石積や礎石、古代文字を刻む石碑などが残されてゐる。町指定の史跡なり。金櫻神社の社号は醍醐天皇延喜年間金櫻神社と御親筆の額面御下賜があって、これからこのやうに称されたと伝へられる。