一宮賀茂神社 (旧郷社)

コードNo.:4234


神社の写真
■鎮座地: 南巨摩郡身延町下山2651
■所属支部: 峡南支部
■御祭神: 天津彦火瓊々杵尊、賀茂別雷大神
■例祭日: 十月十五日
■宮司名: 稲葉政信
■境内地: 一、〇二八坪
■氏子戸数: 七五戸

■由緒沿革:
 天平勝宝年間(七五〇頃)、京都上賀茂神社より現宮司の始祖左近創立と伝へる。「東西河内領十七社の第一にして昔時葵祭には領内の神主悉く会集して神事を執行したりき」甲斐国志記載。武田氏より三貫五百文地を賜り徳川氏におよんで同領の朱印地を代々受けてゐた。本県の北限の榊の大群落があり天然記念物となってゐる。本殿北側には杉の根より榊が繁茂してをり、御神木として祀られてゐる。本殿南側には二股に分かれた樫の木があり、夫婦木(御神木)として親しまれてゐる。平成二十四年三月、京都上賀茂神社より改めて賀茂別雷大神を御分霊し、皇室系の祖神と賀茂系の祖神の二柱を祀る。