御柱社

コードNo.:5069


神社の写真
■鎮座地: 南アルプス市上今諏訪1831
■所属支部: 峡中支部
■御祭神: 建御名方命、事代主命
■例祭日: 十月第三日曜日
■宮司名: 齋藤 實
■境内地: 二八八坪
■氏子戸数: 三〇〇戸

■由緒沿革:
 諏訪神社の例祭前夜祭の神事の中で御柱社にて御祓ひの神事も行ふ。又御柱社地には熊野権現を遷座し祀られてゐる。七年目に一度の御柱祭が斎行され、社地内に上今諏訪の諏訪神社の御柱の長さ四間三尺、下今諏訪の諏訪神社の御柱の長さ四間が夫々一本建てられる。この大祭の外、かつては毎年の例祭月の神事として「御柱社中ノ仮殿ニ幸ス是ヲ御射山祭ト称シテ旁近ノ村里皆来拝ス」と甲斐国志にあり当社の重要神事である穂屋祭、御射山祭が御柱社で行はれた斎場でもあった。平成十六年の御柱祭を祝し、今までの石祠からこの重要斎場であった地に御柱社の本殿を新築し現在に至る。