八幡神社

コードNo.:5094


神社の写真
■鎮座地: 南アルプス市下宮地470
■所属支部: 峡中支部
■御祭神: 譽田別命、足仲彦命、氣長足姫命
■例祭日: 四月二十九日
■宮司名: 野中 武士
■境内地: 二、七五二坪
■氏子戸数: 六〇〇戸

■由緒沿革:
 社記に「天徳年中天変地妖頻なり之により国守国家鎮護の爲豊前の国宇佐大神を奉遷す」とあるを見れば古い神社であるその後小笠原長清公は八幡大神は源氏の氏神であるので鎮守氏神として厚く尊崇し、社殿を再建して神領を奉納した。武田氏も信仰のため神領として五石一斗六合を寄附され文化十二年拝殿を再建された。当社は明治維新前黒印地二七五二坪宝物として神鏡があり一つは裏面に天下一藤原家里と刻し、一つは裏面に宝の字を刻してある。境内には若宮八幡宮天照皇大神宮を配祀せり。