熊野神社 (旧指定村社)

コードNo.:6116


神社の写真
■鎮座地: 北杜市須玉町下津金732
■所属支部: 峡北支部
■御祭神: 伊弉諾命、伊弉冊命
■例祭日: 十月十日(第二日曜日)
■宮司名: 宮坂 龍一
■境内地: 四〇七坪
■氏子戸数: 八七戸 崇敬者数 二五四人

■由緒沿革:
 当社は和田・下原部落の氏神で始め和田神、又は御霊権現と呼ばれたが寛永十五年頃から熊野神社と呼ぶやうになった。鎮座年紀は不詳なるも文治元年逸見上総之介光長、清水太郎判官基義が再建したと伝へられる。其後寛永十二年焼失し、嘉永元年下津金村大火災の折又焼失した。後安政六年氏子中で社殿を造営現在に至る。甲斐国志に「御霊権現下津金村和田下原の産神なり黒印神領一石四斗四升、社地一八九坪」とある。御神木「大杉」は昭和二十四年県指定天然記念物となる。