三輪神社 (旧指定村社)

コードNo.:6128


神社の写真
■鎮座地: 北杜市須玉町若神子820
■所属支部: 峡北支部
■御祭神: 大美和大物主大神
■例祭日: 十月五日(第一日曜日)
■宮司名: 岩下康二
■境内地: 二九八坪
■氏子戸数: 九八戸

■由緒沿革:
 創立年代不詳なるも、甲斐国志に三輪明神、若神子村黒印神領二石八斗八升、社記に曰く、逸見郷の総鎮守にて刑部三郎義清の崇奉祠なりと。七月三十日の夏祭は(おほうとう祭又はドンドン火祭)とも称し、新小豆及新小麦粉を神前に供し収穫を感謝し、之にて小豆ボートウを作り参詣者に接待する。又麦稈にて人形を作り参詣者は白紙にて、身体の悪しき所を拭ひ人形の腹掛に納める。又麻の葉(今は榊の葉)を白紙に包み青竹に挟み作物の虫除として各戸に配る。又境内にて燃し(ドンドン火)除蝗祭と禊祓祭を併せ行ふのである。