東屋神社

コードNo.:6130


神社の写真
■鎮座地: 北杜市須玉町若神子3947
■所属支部: 峡北支部
■御祭神: 日本武尊、弟橘姫命
■例祭日: 十月五日(第一日曜日)
■宮司名: 岩下康二
■境内地: 一八坪
■氏子戸数: 九八戸

■由緒沿革:
 甲斐国志に「四阿権現若神子村西林に在り、除地三十五坪、神主三射筑後」とある。往昔日本武尊御東征の砌り甲斐国御通過の際、当地後巡歴なされた事を記念するため、里民其の徳を慕ひて一宇を建立し、御祭神とし鎮祀した。石祠は断崖の岩窟内に鎮祭され数百年を経た大老松懸壁に垂れ、四季の風光極めて明媚であったが昭和五十八年峡北地域中核工業団地の取付道路のため今の岩窟内に祠改築。