市杵島神社

コードNo.:7016


神社の写真
■鎮座地: 富士吉田市下吉田四―十九―二
■所属支部: 南都留支部
■御祭神: 市杵嶌姫命、誉田別命、菅原道真公
■例祭日: 四月十五日
■宮司名: 加越紀念男
■境内地: 五五七坪
■氏子戸数: 一五五戸 崇敬者数二三〇

■由緒沿革:
 文明元年小林尾張守藤原正喜、甲斐の国巨摩郡小林村より郡内舟津郷に住し、鴉の嶌に弁財天として建立せり。然るに天正十年武田家没落の節、居を下吉田古屋敷に轉じ、此の地に於て、荒井氏先祖源頼光の家臣荒井貞光の孫、並白須氏の先祖馬場美濃守の子平太郎の孫と相談の上、天正十一年の九月吉辰に此処に再び弁財天の宮を造営し、氏神として崇め奉られて居る。万延之庚申六月吉日。小林河内藤原信幸 花印。

地図