浅間日月神社 (旧指定村社)

コードNo.:7138


神社の写真
■鎮座地: 南都留郡富士河口湖町大石268
■所属支部: 南都留支部
■御祭神: 木花開耶姫命、天照皇大神、月読命
■例祭日: 九月十八日
■宮司名: 中村和行
■境内地: 一〇〇五坪
■氏子戸数: 三一〇戸

■由緒沿革:
 大正六年大石の大火の折、本殿始め諸施設が被災するも御神霊安体。社伝によると本社は富士山北口小浅間之社と白し、村上天皇御宇天歴年間中の創立と伝へられる。「甲斐名勝誌」(江戸中期刊行)に当社は御手洗浅間とあり、御手洗とは心を静め身を整へる場であって、貞観七年勅命により甲斐国の公齋社として祀られた。浅間本宮に対する御手洗浅間と解される。昭和三十年村社日月神社と合併、浅間日月神社と改称する。